得意科目への愛【沢村】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 5日 得意科目への愛【沢村】

こんにちは~沢村です。

 

先日他己紹介で「最近絵をかいていない」と書いていただいたのですが、昨日ご飯とお風呂以外の時間を全てお絵かきに費やしました(笑)

というのも、来年入りたいゼミの選考がもうすぐあるのですが、その事前提出課題として「あなたが一番伝えたいメッセージをあなたの得意なメディアで表現しなさい」というのがありまして、、、^^

映像か文章か絵か選べるのですが、まあもちろん絵を選んだわけです。締め切りが来週なので爆速で進めています!

最近絵をかく気力がわかなかったのですが、目的と締切があると時間を忘れて夢中になれますね。勉強も同じだなと思いました。

志を持って、受講を終わらせる期限を決めれば、勉強も夢中になれたな、、と受験生時代を思い返しました。

大好きなお絵かきですら目的と締切がないとやる気にならなかったのに勉強なんてもってのほかだなあと思います。

 

今日のテーマは「得意科目への愛」です!!

もちろん私の得意科目は国語です!とりわけ現代文ですね。

最初から国語が得意なわけじゃなかったんです。遡ること7年前、、、(笑)

高校受験の時どうしても国語が苦手で、全く点数が取れなかったんです。それが凄い悔しくて毎日1長文解きました。同じ問題も何度も解きました。中学生でしたので、とにかく数をこなす以外の勉強法を思いつかなかったんですよね。。

高校受験は数をこなしたことで見事に国語の困難を乗り越えましたが、大学受験はそうもいきませんでした。ある程度は取れていたのですが、それ以上にまったくならない!!泣きそう!!って感じでした。

そこで「解き方の分析」に拘ることにしました。とにかく自分の解き方を手順化し、自分の解き方の癖、間違え方の癖を分析し、受講で先生の解き方を分析し、、、とまるで研究者のように分析しました。

長い時間をかけて、細かく細かく分析したので現代文への愛着が半端じゃないです。LOVEです。

現代文はこれだけこだわってやったのだから絶対大丈夫!!という自信を本番に持っていけたことも、こだわってよかったと思うところです。

 

何か一つでも自分を鼓舞するための教科を作るのも戦略としてアリだと思います。受験は戦略勝ち!