模試前のルーティン【山本】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ

2021年 11月 6日 模試前のルーティン【山本】

おはようございます!担任助手2年の山本実季です。

法政大学の日本文学科では、2年生からゼミナール(ひとりの先生のもとに、その先生の研究分野に興味を持つ生徒が集まったグループのことです)に所属するのですが、所属しているゼミナールの来年度ゼミ長となりました!

より良いゼミにできるよう、頑張っていきます。日記文学や和歌に興味のある方、お待ちしています!

 

さて、今日は模試前のルーティンについてです。

皆さんは、模試の前って何をすれば良いのか、すぐに答えられますか?

校舎で、「模試の直前って何をすれば良いの?」という悩みを生徒から聞くことがあります。基本的に全範囲からの出題ですから、どこをどう対策すれば良いのか、悩みどころですよね。

 

私は模試前にこんなことをしていました!よければ参考になさってくださいね。

 

1.既習範囲の不明点を復習する

自分の受験科目で、習ってない部分まで無理やり全て網羅することは、特に低学年の生徒さんには難しいと思います。

まずは、自分が習った範囲を完璧に得点できることを優先させます。習っていて、理解できているはずの範囲で失点してしまったら悲しいですよね。

教科書を確認して、授業ノートを確認して、資料集や参考書、ワークを確認して…。これまでの自分の学びの足跡をもう一度辿って、「あれ、これどういうことだ?」と不安に思う部分を徹底して復習し、苦手を克服しておきましょう!

 

2.本番直前にこれは見る!というものをまとめておく

始まる1分1秒直前まで、全力でやり切ってこその模試です!「今の自分は本気で勉強したら、どれくらいのスコアを叩き出せるんだろう?」それを毎回見ることができる場が模試です。

直前に、これさえ見れば自分の苦手を把握できて、しっかりやり切れる!という自信を持つことができる、「まとめノート」や「書き込みした単語帳」などをお守りとして持っていくのがおすすめです。

 

3.しっかり寝る笑

睡眠時間が足りないと、集中することもできません!しっかりと睡眠を取ってこそ、全力で模試に臨むことができるのではないでしょうか?

最低7時間は寝ましょう…!

 

皆さんなりのルーティンを獲得して、「毎回全力投球の模試」にしていきましょう!!

 

そしてそして、模試の後にはビッグイベント!冬期招待講習がやってきます!

模試で、学校のテストで見つけた苦手を、この冬、東進蒲田校で克服しませんか?!

↓↓↓↓申込みはこちらから↓↓↓↓