ブログ | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 2022年05月の記事一覧

2022年 5月 30日 学部紹介【三重野】

こんにちは。

 
先週、中国製のイヤフォンを2つ壊しました。さらに
若い頃、お父さんがお母さんにプレゼントしたハートの指輪を
壊してしまい、デストロイヤーとなった三重野です。
 
本日のブログのテーマは
「学部紹介」です。
 
私は駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部
グローバル・メディア学科に所属しているので、
GMS学部(略称)についてお話します。
 
長い名前で担任助手の青木さん(現役時代担当してたのに…)
すら覚えていないので、覚えてもらえるよう
頑張って書きます。
 
GMSは私のゼミの教授であり、かつ駒澤大学の学長である
各務洋子先生が約15年前に創設した比較的
新しい学部です。
 
〇学部のコンセプト
Global…地球を国境のない一つの球体として表しています。
Media…国境を越えたコミュニケーションが唯一可能となるメディア。
Studies…学際的。一つの学問にとらわれることなく、複数の学問分野から
1つの物事を分析していく学部です。
 
SNSが発展していない2000年代にグローバルとか、メディアに
重要性を感じている先生には先見の明があったんですね…!
 
名前の通り、
英語を軸に様々な学問分野を
学習することができる学部です。
 
1年次には英語(第2外国語はなし)、
法律、経済、文化学、経営、情報、国際政治など
を広く浅く学んでいきます。
 
2年次にはゼミ(専門を決めて少人数で行う授業)
を選択して専門分野を決めるカリキュラムに
なっています。
 
ゼミでは経営系、マーケティング系、映像制作系、
メディア系、広告系、異文化コミュニケーション系
などがあります。
 
私は高校生の時点で、興味のある学問が
定まらなかったので様々な分野を
必須科目として単位を取得していく
スタイルはとてもあっていました。
 
留学など海外志向を好む学生が在籍しており、
私の周りにも何人も留学を経験した友達がいます。
 
留学が必須の学部ではないので、
私のようにこじんまり興味分野を
突き詰めていくスタイルでも全然良いと
思います。
 
私はこのカリキュラムを経て、
経営学という魅力的な学問に
出会えました…!!
 
まずは足を運んでいただいて
7月頃にはオープンキャンパスも
行われるようなのでぜひ行ってみてください!
 
何か気になることがあれば、
いつでもお話聞くので、
志望校選び、頑張りましょう!
 
 

2022年 5月 29日 志望校の決め方【金崎】

皆さん、めいじろうは知っていますか?

 

我が明治大学の公式キャラクターのフクロウです。

かわいい~!!

 

こんにちは、この前キャンパスでめいじろうに会えて嬉しかった金崎です!!

僕の通っている中野キャンパスは小さいこともあり、滅多に見かけることがないんです。

 

さて、今回のテーマは志望校の決め方です!!

僕は志望校選びにしくじった人なので、それについて書こうと思います。

 

結論から言うと、僕は第一志望を蹴りました。

高1の頃からずっと目指していた横浜国立大学理工学部ではなく、明治大学総合数理学部に進学しました。

 

なぜかというと、

第一志望へのこだわりがあまりなかったからです。

 

横国を選んだきっかけ。それは、高1の時にオープンキャンパスに行って、キャンパスの雰囲気がいいなぁと思ったからです。

横国に行って何をしたいか、までは考えていませんでした。

ただ、好きだった数学を学びたい、という気持ちで理工学部を選んだものの、別にそれが横国でないといけない理由にはなっていなかった。

だから、横国に行きたい!というよりは横国に行けたらいいなぁ~って感じでした。

そのまま高3になってしまい、「横国に進学する」ためではなく、「横国の合格する」ために頑張っていました。

その結果、いざ合格した時に本当にこの大学に進んでいいのか、と悩んでしまったんです。

 

志望校について全然調べていなかった

大学に進んで何を学びたいかを深く考えていなかった

 

これが僕の第一志望選びの反省点です。

 

 

一方で、今通っている明治の総合数理はしっかりと考えて志望校に決めました。

きっかけは高2の時に友達に紹介されたことです。

志望した理由は、研究内容が面白そうだったからです。

「モノ・コトから現れる複雑な現象を、数学で解明する。」

これが僕の現象数理学科で学ぶことです。

HPで紹介されている研究内容を見てみて、面白そうだなぁと思って決めました。

その結果、受験がゴールにならなかった。合格した時に、大学が始まるのが楽しみに思えました。

 

最後にまとめると、皆さんには大学で何をしたいか、を考えてほしいです。

それが必ずしも将来やりたいことに関連していないといけない、ということはないと思っています。

もちろん関連しているのが理想ではありますが、自分が興味のあることを学べばいいと思います。

折角の大学での4年間を楽しいものにするために、ぜひ志望校について深く考えてみてほしいです。

 

志望校の決め方、大学の探し方などで困っていたら、担任助手に相談してみてください!

 

2022年 5月 28日 学部紹介【金子】

こんにちゅは!大学の授業でサッカーやってみんなに頬められて鼻を伸ばしている金子です。

今回は皆さんが知らないであろう私の学部紹介をしようと思います。

私の学部はスポーツ健康学部」と言います。皆さん何をイメージするでしょうか?

体を永遠動かしてそうとか元気とか(?)

またあなたの学部授業何やってるの?って思いますよね。僕も思ってます。

授業は基本的に座学の方が多いです。

座学は主に体についてとそれに関連することになります。

具体的には、体については機能解剖学生理学、それ関連についてはスポーツとナショナリズムとかスポーツ哲学とか…

この機能解剖学と生理学がメッサおもろいです。メッサ‼

この二つの講義で僕の中の体の不思議がみるみる解明されて面白すぎます。

まだまだ私の学部について分からないことだらけだと思いますので興味がある方は私まできてね!

 

 

2022年 5月 27日 大学の授業【山本】

 

こんにちは!
最近実習が始まって薬学部らしい授業が始まったので楽しくなってきた山本です。


今日は「大学の授業」について話していきたいと思います。

高校までと大学の授業で1番違うのはなんと言っても自分で好きなようにカリキュラムを組めるところです!

全休といって平日全く授業がない日を作ることだってできますし、午後からしか授業がない日だって作れます。

ちなみに僕は失敗して平日+土曜日も授業があって週6で授業です…

 

さて、他の人がどうかわかりませんが僕は今大体週に15コマ授業があります。

今少ないと思った人、、、甘いです!

高校では同じ科目が週に何回かありますが、僕の15コマは全て違う科目です。

それぞれの科目が週1回しか授業がないので毎授業で課題が出たり事前に調べてくることがあったりする上に、全ての授業の難易度がとても高いのでついていくには予習はまだしも復習は必須です!

ほんとにやるべきことが多くて大変ですがそんな時頼りになるのは友達です!!

特に頭が良い友達がいるととても楽になります。

授業は基本何百人が同時に受けるので高校のようにその場での質問などほぼできません。

でも友達がいればその場で助け合うことができます。

 

授業はとても難しいですが自分の好きな授業ばかりでとても楽しいです!

 

大変なことも多いですがたくさん友達を作って乗り越えましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

2022年 5月 25日 記述模試の勉強【荒尾】

こんにちは!荒尾です!
このバナーの名前のところ、ものすごく見にくいですね。今度変えよう。(–;)

今日のテーマ!記述模試の勉強!
受験生向けの内容ですね!

まず、記述模試とはどんなものかについて。

少し話がズレるような感じがしますが、金子担任助手の合格報告会に出席した人で
「志望校によって基礎のレベルが違う」
という話を覚えていますか??

共通テストは高校範囲の基礎の確認ですが、
記述模試は志望校の二次試験、一般入試での基礎レベルができているかの確認という感じです!

また、私立、国公立の傾向両方が混ざっている形なので、自分の志望校にはない形式の問題もあると思います。(むしろそっちの方が多い)

そのため特に対策はしなくて大丈夫だと思います。自分の志望校に出ない形の対策をするのは、力は着くと思いますが、効率は悪いです。

まだ皆さんは共通テストの過去問が始まって間もないため、なかなか難しいかと思いますが、
二次私大レベルがどれくらいのものなのか、それに向けてどれだけ学力をつけなければいけないかの確認する良い機会です!

何か特別な対策をするというより、この結果を踏まえて、改めて自分の入試までの勉強計画を見直してみましょう!