受験生へ【森】 | 東進ハイスクール 蒲田校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 15日 受験生へ【森】

こんにちは。

皆さんが共通テスト本番を迎えると同時に、部活のキックオフを迎え、今までの日常に戻り始めた森です!(笑)普段は朝練があるため、5時台に起床する生活でしたが、オフ期間は予定まで寝られたので、いつもよりは睡眠時間が確保できて幸せでした。今、「もっと寝たい…!」と思っている受験生が多いと思います。(受験生に限らないと思いますが…)あと少し、一緒に早起き頑張りましょう!

 

さて、今日のテーマは『受験生へ』。このテーマで私が書くのは恐れ多いですが…以前、受験生HRで色々と熱い思いを語らせていただいたので、今日は主に『共通テスト』に焦点をおき、書いていきたいと思います。よかったら、最後まで読んでください。

 

まずは、共通テスト1日目お疲れ様でした。どうでしたか…?

思うようにいった人がいれば、いかなかった人もいるのは当然です。たしかに結果も大事ですが、結果をどう捉えるのかのほうが大事だと思います。要は、マインドコントロールが大切って話ですね。特に国立志望の人は、気持ち切り替えて2日目頑張ってきてください!!私立理系勢も、私立文系数学勢も頑張ってね!!!

去年の私に感想を聞くと、きっと「疲れた!!」と答えると思います(笑)久しぶりに長い距離を歩くことにまず疲れ、慣れない環境で、大勢の人がいて…がちがちに緊張してましたね…でも友達に会えたことで緊張がほぐれた記憶があります。

 

私にとってこの二日間の共通テストは受験生活において、ターニングポイントになりました。

なんと言っても、受験生活で1番悔しい思いを経験しました。それは、「前の科目を引きずってしまったこと」。ありきたりな話ですね。めちゃくちゃ対策してきた国語で全く手ごたえがなくて、不安で不安で…得意で安定しいていたリーディングに、その気持ちを引きずってしまい、全然文章が頭に入ってきませんでした。自分がメンタル弱くて、引きずらないようにマインドコントロールの練習もしてきたはずなのに発揮できず。そのため、取れるところで取り切れませんでした。

ですが、そのあとのリスニングでは完全に吹っ切れて、過去最高点が取れたのは自信になりました。このことから、過去のことは引きずらず、前を向き続けようと改めて思いました。それからの入試では、たとえ1科目目の英語が出来なくても、その分日本史で挽回してやる!!、というようにうまく切り替えられるようになりました。

 

また、ここからの1か月が最も自分が成長できた期間だった、と振り返って思います。成績もそうですが、精神面においても。私は共通テストがいまいち取り切れなかったので、共通テスト利用でどこも抑えられず、本当にきつかった…出願校を増やそうか迷ったり…でも今思えば、そのつらさが自分を強くしてくれました。「もうやるしかない!」と。確かに次の日は泣いて泣いて、引きずりまくっていたけれど、色々な人に激励されて、さらに自分を追い込み、努力し続けることが出来ました。

 

担任助手になって、よく「メンタル強そう」って言われるけれど、受験時代の私は全くそうではなかったです。強がって、そう見えていたかもしれませんが…(笑)本当に豆腐メンタルでした。

そもそも私が受験を選んだのは、もちろん第1志望に強い思い入れがあったのと、「メンタルを強くしたい」と思ったから。この目標は少しは達成できたのかな…と思います。特に共通テストを経て。

共通テストから私立の入試が終わるまでの1か月ちょっとの期間は、私にとって大きな財産になっています。今の原動力です。

 

さあ、あと少し。もう少し頑張ろう。

最後の最後まで諦めないでやり切ってください!「しんどい、つらい」って思ったら、いつでも相談になります。

今の涙は悔しさからだとしても、受験が全て終わり結果が出るころの涙は喜びや嬉しさ、そして達成感からでありますように。

私たちにできることは何でも協力します!!

最後に。”Be positive!”を常に忘れずに。残りの受験生活、楽しんでください!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。それでは、今日も頑張って!行ってらっしゃい!!