8月 | 2020 | 東進ハイスクール蒲田校|東京都

ブログ 2020年08月の記事一覧

2020年 8月 31日 単元ジャンル別演習について【伊藤】

こんにちは。伊藤桂心です。

先日、久しぶりにBBQをしに海にいったのですが、ずっと上裸だったので

背中が日焼けでヒリヒリして痛いです。。。笑

今日は単元ジャンルついて話していきたいと思います。

まず一番に言えることは単元ジャンルは確実に

みんなを合格へ近づけてくれる武器です。

単元ジャンルの説明をすると、単元ジャンルはみんなの今までのデータと

みんなの志望校の出題傾向をもとに今やるべき問題を提示してくれます。

今までのデータとは過去問演習であったり、模試であったり、

修了判定テストであったりあらゆる学習データが用いられます。

学習データ自体、一人一人違うものであり、志望校も一人一人異なってくるので

みんなを合格に近づける唯一無二の問題集と言えるでしょう。

夏休みに過去問をやろうって言われて「周りの予備校に比べて早いなぁ」とか

「今過去問やっても得点取れないよ」とか思ったと思います。

でも、それは全て単元ジャンルのためです。

今やって得点が取れるものはあまりやらず、今やれないものを今出来るように

単元ジャンルが一番効率の良い演習を提示してくれているのです。

自分が受験生の頃は単元ジャンルはありませんでした。

ですが、自分の場合は自分で単元ジャンルのようなことをやっていました。

志望校に傾向を似ている大学の過去問の大問1つを毎日演習したり、

自分が弱く、大学に出やすい分野を演習したりと自分の頭の中で

そのときに必要なことをやっていました。

しかし、今はそれがAIと学習データによって効率良く、

確実なものとして演習できるのです。

これほど良いコンテンツはありません。

第一志望校に受かりたいのであれば、

第一志望校合格に一番近いコンテンツを活用しまくる。

これが9月以降徹底的にやってもらうことです。

今の大学一年生が使い方とかわかりやすく教えてくれるので

一緒に頑張っていきましょう。

2020年 8月 30日 音読の重要性【長谷川】

こんにちは。8月ももうすぐ終わりますね。最後まで全力でいきましょう!

今日は音読の重要性について話します。

東進は音読にかなりの力を入れてますよね!安河内先生なんて一回の授業中に耳にタコができるくらい言います(笑)

そんな英語の先生でおなじみの音読ですが、実は英語以外にも効果大です!(私立文系科目の経験談)

国語は古文の単語や、文章を音読することで、英語と同様の効果が得られます。英語を英語のままで読むのように古文を古文のままで読むって感じです。

社会科目も同様です。口に出しながら、リズムで覚えたり、音読は手も動かせるので、音読しながらノートに書くということもできます。

私立文系科目は全て音読が重要といっても過言ではないかもしれません。机に座って書き取りという勉強の先入観を変えて、是非取り入れてみてください!

私の受験時代は、校舎に来て受講と過去問以外は音読室にこもっていました。音読室のヌシと呼ばれていたりなかったり・・・。

皆さんもせっかくの音読室、活用してください!

今年は音読室を使う人が少ないですね。音読室は某バトルマンガに出てくる一日で1年分の修行ができる部屋に似てると思います。使わなきゃ損です!

最初は色々と恥ずかしかったり、遠慮することもあるかと思いますが、それがお互いの刺激になりますのでまずは入ってみてください!

 

明日は伊藤担任助手です。お楽しみに!

 

 

2020年 8月 29日 模試で結果が出なかったら【小川】

こんにちは、担任助手2年、農工大の小川です!!

 

突然ですが、夏休みが半分終わりました!農工大は今年も夏休みが2ヶ月あって9月も休みです!!毎週実験がありますが・・・

みなさんはどんな夏休みを過ごしましたか?一生思い出になるくらいたくさん勉強した夏休みにできたでしょうか…?

 

今回のブログのテーマは、模試で結果が出なかったら…、です。
今回の8月の模試で結果が思うように出なかった人も多いかもしれません。

 

私は受験生時代10月の模試で思うように結果が出せませんでした。

結果が思うように出なくて、帰り道に泣いた記憶あります笑

 

ただ、模試で結果でなくて泣いて、終わり、ではなく、なんで思うように結果が出なかったのかを考えました。
①二次対策に力入れたらセンターの形式忘れた。
②わかっている、という言い訳で復習を怠った。
③周りの人の鉛筆の音が怖くなった。
勉強面、メンタル面的に頑張らなきゃって感じのことが多かったみたいです…。分析したからこそわかったことかもしれません。

 

9月から始まる単元ジャンル演習では、AIがみんなの苦手なものを分析してくれます。

模試で思うように結果が出せなかったは、苦手なものでつっかかったからなはずです。

苦手な分野、雰囲気、環境、などなど。

今がチャンスです!模試をしっかり分析して良いスタートを切りましょう!!

 

明日は長谷川担任助手です!!もともとギターをやってたのに、最近ベースまではじめた長谷川担任助手のブログに期待大ですね!!!

 

2020年 8月 28日 夏以降の環境変化【山本】

 
 
みなさんこんにちは。担任助手の山本です。

さて今日は、夏以降の環境変化ということで…。

受験生のみなさんは夏が終わったあとの明確な想像はついていますか??

もっと頑張らなきゃいけなくなるんだろうなーー、とか本番近くなってきたからそろそろ本気にならなきゃかな?と思っている子が多いのではないでしょうか?

正直、そんな心持ちでは、甘いです!!

 

この夏、基礎基本を固めたライバルは全国にゴロゴロいるはずです。そんな中、ぼんやり頑張らなきゃな、という思いで厳しい受験という戦いを勝ち抜けるでしょうか…。

ここからは、周りの友達がどんどん本気になってきます。今までやる気が無かったように見えていた友達が、いつの間にか自分より頑張っていたりします。

やはり夏以降、ものをいうのは演習量。演習をする中で基礎の見直しをしつつ、得点源となる問題を増やしていくことが目的です。

そこで、東進に通っている皆さんには単元ジャンル別演習講座という最強の武器が備わるわけです。

自分に合ったレベルで、的確に伸ばすべき部分をおさえた問題をひたすらに演習できるというものです。

これをうまくやりこめば、第一志望合格は決して夢ではありません。

 

この講座を取っていない生徒も、過去問データベースがありますので、ひたすら演習していきましょう!

疲れたときに息抜きは忘れずに!でも、自分史上最大の本気を出して頑張っていきましょう!!

目には見えない全国のライバルに、差をつけるかつけないかは、皆さんの頑張り次第ですよ!

2020年 8月 27日 低学年の目標のリマインド【三重野】

こんにちは!三重野です。

今回のブログは「低学年の目標のリマインド」です!

どうしても低学年向けの内容になってしまうのですが、今回は夏の目標のリマインドです。

低学年のみなさん、夏の受講の目標は覚えているでしょうか?

 

8月末受講修了です!!!

みなさんはどれくらい受講は進められていますか?

自分の残り受講コマは把握しているでしょうか?

ただ目の前にある受講をこなしているだけでは、絶対に期限までに終わりません。

しっかり自分の現状を把握することは当たり前に出来るようにしましょう。

また、9月以降に受講が終わり次第新しく受講を取得すると思います。

ぎりぎりに終わらせてしまっては、アウトプットの演習がゼロの状態になってしまいます。

たくさん受講をとって、受ければすぐに点数が伸びるわけではありません。

受講で知識をインプットして、問題演習を繰り返すことで使える知識に変える訓練をすることで点数は伸ばすことが出来ます!

アウトプットの期間があってこその勉強です!

もし受講が修了しても、一番大切なところはそこなので安心せず問題演習に取り組みましょう!

 

もうすぐ夏休みも終わりますね。。。

中には夏休みで30コマ頑張ってやった生徒もいました。すごいですね!

まだまだだな。。。という人も今からやるかやらないかでだいぶ変わります!

頑張っていきましょう!!!